<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
柚子ゆべし、作りました。
この時期は寒肥やりと春に向けての土作りに精を出しています。 寒さも芽を出す畑のたからもののことを想像すると何のその・・・。

そしてこの時期ならではの柚子ゆべしを紹介させて頂きます。

材料  柚子  ごま   味噌    砂糖
用意するもの   蒸し器  オレンジネット
f0129672_211388.jpg


作り方
1、蓋を作るように柚子を上から1cm程の所を横にカットする。

2、下の部分の中身をスプーンでくり抜く(果肉は使わない)。

3、味噌、砂糖、ごまをボールなどの中でよく混ぜ合わす。

4、2、の器の中に三分の二程3、のみそを入れ1、の柚子蓋をする。

f0129672_21142420.jpg


5、蒸し器の中に並べ20~30分蒸す。

f0129672_21145284.jpg


6、蒸しあがった柚子をネットに1個入れ上を結び又1個、又1個と同じ事を繰り返す。

f0129672_21153729.jpg
 

f0129672_21155378.jpg


7、ネットに入れた柚子を2~3ヶ月天日で乾燥させる(12月~3月の間に)。

f0129672_21162988.jpg


出来上がった柚子ゆべしは5mm程に薄切りにして食す。

f0129672_2117577.jpg


酒の肴、お茶請け、お茶漬け・・・冷蔵保存で1年は持ちます!
結構美味しい 保存食です。

果肉は柚子ゼリーにしました。

f0129672_21173225.jpg


山ではこんな景色になっています。

f0129672_21175026.jpg

[PR]
by ramolucente | 2008-01-24 21:18 | 冬(6)
ビーツが育ちました。
昨年中モスクワ産のビーツの種を頂いたので育ててみました。

f0129672_10154693.jpg


切ってみると、なかはビーツ特有の鮮やかな赤です。 

f0129672_10161117.jpg


ちょっとロシア風にボルシチを真似たスープを作りました。

f0129672_10163234.jpg


寒い冬にはやはり温かいスープがいいですね。
[PR]
by ramolucente | 2008-01-08 10:20 | 冬(6)
春の七草
春の七草はやっと芽を出してくる若葉であることに意義があり萌え出る新芽に一年の幸せを賭け祈るのです。
万病を除き、邪気を払って寿命を延ばすと言われている七草の起源は弘仁四年(813年)朝廷で正月七日に若葉のご膳を献上したのが起こりだと言われています。

☆セリ  
別名カワナとも言われカロチン、ビタミン豊富で、神経痛、リュウマチ、血圧降下の作用があると言われています。

f0129672_1040117.jpg

         
☆スズナ(蕪)
アミノ酸、ブドウ糖、ペクチンが豊富で消化不良、黄疸、解毒作用があると言われています。

f0129672_10403236.jpg


☆スズシロ(大根)
ジアスターゼ、シニグリンが豊富で消化促進、健胃、去痰作用があると言われています。

f0129672_10405651.jpg


☆ナズナ
別名ぺんぺん草、しゃみせん草と言われリコン、アセチルコリンが豊富で利尿、解熱、止血作用があると言われています。

f0129672_10411990.jpg


☆ハハコグサ
別名おぎょうと言われルテオリンが豊富で鎮咳、鎮痛、消炎作用があると言われています。

f0129672_10414577.jpg


☆ホトケノザ
別名タビラコと言われ成分は未詳です。

f0129672_104284.jpg


☆ハコベ
別名コハコベと言われ成分未詳。

f0129672_10423269.jpg


今年も一杯の「おかゆ」から無病息災の願いを込めて・・・。
[PR]
by ramolucente | 2008-01-07 10:49 | 冬(6)
干し柿がおいしくできました。
あけましておめでとうございます! 初冬に収穫して干していた柿が、

f0129672_21312620.jpg
 

こんなにキレイな干し柿になりました。 自然の甘さいっぱいです。

f0129672_21321951.jpg


年末年始に掛けて追われていた七草粥セットの準備もひと段落。 また冬野菜の紹介をはじめますね。  今年もどうぞよろしくお願いもうしあげます。
[PR]
by ramolucente | 2008-01-04 21:33 | 冬(6)